交通事故のとき重要な弁護士の選び方

 

交通事故の問題を弁護士に相談するべき理由

    

交通事故弁護士

 

交通事故に遭ったら、加害者に慰謝料を請求することができます。

しかし実際に請求する相手は、加害者ではなく保険会社となります。


交通事故に遭って精神的なダメージを受けている時に、
保険会社と慰謝料について話すのはきついことです。
しかも保険会社は、実際よりも慰謝料の額を安く見積もってくることが殆どです。

見積りの金額

その言葉の巧さに納得してしまって、示談に応じてしまう人もたくさんいます。
しかしその後におかしいことに気づき、トラブル発展することも多々あるのです。

 

そのようなことのないように、慰謝料を請求する時には交通事故賠償に強い神戸の弁護士
予め相談した方が良いです。


交通事故弁護士事務所の中には、24時間365日体制で受け付けている
ところもあります。

 

24時間体制で受け付けてくれるのであれば、差し迫った場合でもすぐに対応してくれるので安心です。

納得できない

ですから交通事故に遭って保険会社と慰謝料のことで話し合う際には、
話し合いを始める前に弁護士に相談をした方が良いです。

 

交通事故における損害賠償の4つの種類と3つの基準


交通事故における損害賠償には、大きく4つに分けることができます。
被害者が交通事故によって被る治療関係の診察料や入院料、
それに伴う交通費や弁護士費用などの「積極損害」と、
交通事故がなければ被害者が得ていたと想定される収入の「消極損害」、
交通事故に遭うことによって精神的苦痛を受けたことに対する
「慰謝料」、交通事故による車の修理費や買換え費用、事故歴が付くことによる
評価損などの「物件損害」の4つです。


これらの損害を合計した金額が、加害者に請求できる損害賠償請求金額となります。
ただし、この4分類の項目に対しての支払い基準には、自賠責保険の基準と
任意保険の基準、弁護士の基準の3つの基準があります。


自賠責保険の基準は、被害者に対して最低限度の補償を目的としているため
この3つの中では最も低い基準です。


任意保険の基準は、相手方の保険会社が判断する過失割合に
大きく異なってくるもので、保険会社は賠償額を低く見積もろうとしますが、
自賠責保険額よりも多くなるのが一般的です。


しかし、弁護士の基準ならば実際の裁判例に基づいた損害賠償金額で
交渉できるため、事案にもよりますが、保険会社の提示する金額よりも
多くなる可能性が高くなります。